牌鬼屋のボヤキ

宇宙から見た地球ってどうよ?側から見た麻雀も違う観点から見えるよ。
は「勝つ為」「楽しむ為」に来るけど、は「勝たせる為」「楽しませる為」に待っている。
勝てば来る。楽しければ来る → 来たら(テラ銭ではなく)遊戯料金が頂ける。
目先の利益の追求はしないので(風適法上限額以内の)他店の半分以下だけど
細〜く、永ぁ〜〜〜く。

愚かなルール3

関東とかゲームではメジャーになってしまっている「形式テンパイ」。
ありえね〜!

1翻縛りの「あがり役」が無いのに鳴いて形式だけのテンパイにする。
河底が無くなった時点で「あがれる役」が無くなるんだからノーテンになる!

これも、下らんバカが言い出したんだろうな〜?
「テンパイとは、もう1枚くればあがりの状態を言うんだから、テンパイになる!」とか。

役の無い門前テンパイがテンパイになるのは「ツモればあがれる」から。
その点を追求すれば「河底で出ればあがれる」んだからテンパイと言えるってか?

だから、アリアリであっても「偶然役だけのあがりは不可!」とするべき。
昔の、大阪の4人打ちフリーのルールはアリアリだったが、偶然役だけのあがりは不可となっていた。
それに海底ツモはあったが、河底放銃は採用していなかった。
恐らく、ケイテンという下らないことを排除する為だろう。

ここにも、大阪人の麻雀に対する繊細な考察があるってことだ。

愚かなルール2

関東とかゲームではメジャーになってしまっている「フリテンリーチ」。
ありえね〜!

出場所によっては見逃し、安目を積もってもツモ切りし、高目を積もってあがれる。
流局になってもチョンボにならない。

そんなバカなリーチがあるか〜?!

ブー麻雀ならマルエーばかりになる罠。

リーチの定義は「これ以後、欲しい牌をツモってきてもツモ切りします。どこから出てもあがります。安目を積もってもあがりますから1翻付けてください」という宣言。

ヘボが、Top目からマンガンの頭突きをとるか、ハネマンをあがらなければならない時に困るのを、関東のフリテンリーチがあれば簡単になる。
ってことは、関東は辛抱の出来ないナマコが多かったのか?
11w222789w789p78s(9pドラ)でリーチ。
ヤミで9sの頭突きを取っても5200でTopにはならないからリーチを掛け、Top目から9sが出たらあがり、それ以外なら見逃し、9sをツモるのを待つ。
子供の遊びみたいなもんだ。

大阪なら、こんなリーチを掛けるヤツが入ってたら「こんなヘボが入ってたらオモロない!止め!」となる。
ブー麻雀でメンタンピンでリーチを掛けるヘボが居たが、皆に嫌われて相手にして貰えなくなっていた。
(引けばマルエーだけど、出ても2220で終わってしまう。ヤミテンで出たら1260であがり、次に960を引きあがる。ヤミでツモって340・580.次は960以上がどこから出てもマルエー。この打ち方をするのが常識マナー)
関東のナマコならリーチを掛けるだろうな?w


関西のフリテンリーチは、現物以外は出あがり出来る(しなければならない)。
リーチ宣言牌でのフリテンは出来ないので、1順回してからリーチ宣言をしなければならない。(同順ツモとか同順出あがりを極力避ける為に)

この方が、まだ理にかなっている。

第2のアキノリ君誕生も間近かな?

先月、牌捌きもおぼつかない外大生N君がフリーに打ちに来た。
1万円を持って半荘2回で終わり。
もしかして、表に書いている「麻雀を覚えませんか?4人で打てば1時間300円で遊べます・・・」と書いてるのを見て、勘違いして入ってきたのを朝のメンバーがフリーに入れてしまったのか?と心配した。
次に来た時に、俺の代走で打たせてみた。
手牌はポロポロ見せるし、打牌も遅い。
次の客が来たので交代させ、特訓を始めた。

牌拭きをさせる。
14枚の牌が起こせない。
1卓拭くのに40分近くかかった。
次は、それを1111p2222p3333p・・・・と揃えさせる。
これも5分近くかかった。
2卓終わったら疲れたようなので「又、暇な時に来て練習しなさい」と帰した。
又、来た。
同じように練習させた。

又来た。
又、同じように練習させた。

段々、牌を扱いなれてきた。
今度は、配牌を取って手作りの練習をさせた。
牌効率が悪い。
教えながら練習を続けさせる。

又、来た。
又、牌拭きから始めさせる。

それを何日も続けた。

今日、「あ痛〜!のオッチャン」が来て「あの練習生と打ちたいw」と。
N君も打つ気で1万円を出した。
「あ痛〜!のオッチャン」は、N君があがる度に「よ〜し、練習生に悪いけど、もう手〜抜かんからな〜!」と。
終わる頃「あ痛〜!のオッチャン」は「先生、手を抜いてよ〜!」と言いだした。
「あ痛〜!のオッチャン」−12400円、N君+13500円だった。

閉店後、アキノリ君とN君と3人で語った。
俺が「目に見えている牌だけで算数計算するから間違いが始まる。現代の数学と言われる計算でも、次にツモる牌を計算する事も出来んのやから。人の待ちなんか絶対に判らん。ツイてる時は不要牌を捨てたら当らんし、打っても安いし、待ちが1枚あればあがれる。」と講釈をたれても納得していた。

アキノリ君の着始めた頃と同じだ!

アキノリ君と俺が教えるんだし、N君は素直に聞き入れるんだから、Totalで勝つようになるのも時間の問題だろう。

完先ルール

久しぶりに2chを見たら、完先スレッドが建っていた。
例によって、ヤカラ完先ルールを唱えているものが居る。
? 西123456789p チー567s
これはあがれないって?

? 西123456白白白  チー567s
これはあがれるんだって?

?のあがり役は「1通」。
?のあがり役は「白」
どちらも手の内に完成されているんだから、当然、あがれる!

手の内で役が出来上がっていて、それのみで上がれるケースというのは、白だの中だの自分の風だのといった翻牌のみと、井出というプロが書いた本に記載されているらしい。
その井出ってのは、お笑いのプロの井出ラッキョじゃないのか〜?

そもそも、ローカルルールが生まれた原因を知らないから、自分が教えられたルールが正しいと信じているんだろう。
麻雀は、後輩等の初心者に教えてカモる為のギャンブル。
熟練者は必ず勝たなければ気が済まない。
だから、色んなことにアヤを付けてあがらせないようにした。
始めて対戦するカモがあがったら「それは役が確定していないから完先ではチョンボになる」と。
そう言われた者は、それが正しいと思い込む。
それを今度は、自分が後輩を相手に打ったときに同じように使ってカモろうとする。
それがその連中のローカルルールとして根付いてしまった。
その典型的なのが、小三元と大三元とか、多面待ちの四暗刻単騎待ちがチョンボになるってやつだ。
カモがヤクマンをあがることがどうしても許せなく、「役が確定していないからチョンボになる!」と。
俺らも昔はよく言ったものだ。
西西發發777888999pでリーチを掛けた初心者が、9pを引いてカンしてリンシャンから發をツモあがった。
俺は「あ〜・・・もったいない!それは789789789pの順子だから789のどれをカンしてもチョンボになってしまうな〜・・・。」と言うと、他の2人も「もったいないな〜w」と全員でチョンボにしてしまった。

「完全先付け」とは、「(1翻縛りの役を)完全(に)先(に)付け(る)」の省略語。
語意や定義を突き詰めれば、ローカルルールは排除出来る!

「自分の知っているルールは正しいのか?」と疑問を持って考え直す必要がある。
中世の人間は、天動説を正しいと信じ込んでいた。
それは、教えられたことや本に書かれている事を正しいと盲信していたからだ。



食い逃げさせるな!

チョット勝ったら帰る者には負けさせるように打ち、長く打つ者には勝たせるように打つ。
(帰られたら取り返すチャンスがなくなるが、長時間あればチャンスが出てくる可能性があるから)

◆勝たせたい者が親の時は、
 ┏大きな手を狙い、親に連荘させるか、自分が大きな手をあがるようにする。
 ┣出てもあがれない手でも、カンチャン・ペンチャンのリーチは掛けない。(親に自由に手作りをさせる為)
 ┣役がある場合は、ヤミテンにして、出たらあがる。(親に自由に手作りをさせる為)
 ┗チートイなら、子の現物で親に危険な牌で待つ。
(両方がリーチを掛けたら、それを切ってリーチを掛ける。親に放銃しても「こっちの方があがれると思った」と言い訳出来る)

◆負けさせたい者が親の時は、
 ★手作りをしないでテンパイ・即・リーチを掛ける。(敵に自由に手作りさせない為)
 ★勝たせたい者がリーチを掛けても、自分の手の最短コースを選択し、自分があがるか、勝たせたい者に打ち込んで親を蹴る。
 ▲負けさせたい者が 親で、あがって連荘  
  ☆門前でリーチを掛けてあがった  
   ┏自分が放銃した・・現物だけ切ってベタ死に!
   ┣ツモあがった・・現物だけ切ってベタ死に!
   ┗他者が放銃した・・現物だけ切ってチートイ狙い。テンパイしてもヤミ。
  ☆鳴いてあがった・・現物だけ切ってチートイ狙い。テンパイしてもヤミ。
  ☆流局で連荘・・現物だけ切ってチートイ狙い。テンパイしてもヤミ。
 
 ▲負けさせたい者が あがって親になった  
  ☆門前でリーチを掛けてあがった  
   ┏自分が放銃した・・現物だけ切ってベタ死に!
   ┣ツモあがった・・現物だけ切ってベタ死に!
   ┗他者が放銃した・・現物を切ってチートイ狙い。テンパイしてもヤミ。
  ☆鳴いてあがった・・現物を切ってチートイ狙い。テンパイしてもヤミ。
 
 ▲ 負けさせたい者が流局で親になった  
  ☆他者の、あがり牌を正しく止めていた・・現物だけ切ってチートイ狙い。テンパイしてもヤミ。
  ☆スカタンで怖がってあがりを逃してた・・逆らって自分があがりに賭けてみる
 
▲負けさせたい者が 他者に放銃して親になった・・逆らって自分があがりに賭けてみる。

負けが込むとマナ悪を真似るのか〜?!

定年退職になって毎日来ていたKaさん。
初めの頃は「こんな楽しく遊べる店は皆で大事にせなアカンで〜!」と言っていた。
その内に、だんだん我侭になってきた。
「あの人はココに入れたらアカンで!」とか言い出した。
自分が好きでない者が来たら「代わるから入って!」とか勝手に指示をする。

先日、Yさんが8pを被って痛そうな態度をとった。
Kaさんが2枚切れている西を切ったら「ロン!四暗刻単騎!」と。
Kaさんは「8pで痛そうな顔をしたのにそんなのあがれるんか〜?」とクレームを付けた。
Yさんが「アカンのやったらチョンボでエエで。返そうか?」と言った。
その場は収まった。
3時間ぐらい経って「あんなのあがれるんか?!あがらせるからツカせてしもうたやないか!」と怒って帰った。

以前、Kaさんが居た時に、Yさんが赤5pを切ってリーチを掛けた。
赤5pを被って「あいた〜!」と言った。
Koのオッサンが7pを切ったら「ロン!シャボやったら即ヅモしてた〜!」と。
Koのオッサンは「5pでもの言うてピンズであがれるかいな!」とクレームを付けた。
俺は「もし、ソーズとか字牌待ちやったら納得する?”5pなんか関係無いやないか!何が痛いねん!”とクレーム付けますやろ?5pやったらあがってたんやから痛いのは三味線でも何でもないからOK!」と裁定した。
Kaさんはそれを聞いていて「マスターが居らんかったら他のメンバーではどう納めたんやろ〜?」と言っていた。

昔、Kaさんは、コスモって麻雀屋で、よくそんなクレームを付けられていた。
自分が不快な思いをした事を忘れた?
負けが込んでるから、勝った者に不快な思いをさせたいのか?

パチンコが好きな人間はやっぱりダメだな。

老練の強さ!

家は近いのに、めったに来ない大久保さん。
ご隠居といえると年なんだけど強い強い!
普通の老人なら、昔の4人打ちの癖で守備主体で、サンマではボロボロに負けるんだけど。

話を聞けば、強いのがうなづける。
若い頃(サラリーマンの頃)から、杭全の方でヤクザ相手に「速あがり」を打っていたそうだ。
ガンガン攻める。

団塊の世代のオッサンは何故それが出来ないんだろう?
ブー麻雀を打っていたんだから、カンチャン、ペンチャンのリーチなんか慣れているはずなのに。
赤5pを持ってリーチを掛けてツモればマルエー。
ピンフに作ってしまえば、出ても「リー・ピン・赤5ピン・デン(場に1翻)」で門前の300点加符で2220点で終わってしまうので、わざわざカンチャンにしてリーチを掛けていた。
出たら「リーチ・赤5p・デン」で門前の300点が加付され1580点。
次にシャブを引きあがってマルエー。
ツモったら「リー・ヅモ・赤5p・デン」で2220点でマルエー。

サンマならツモる確率が高いのに、何でカンチャンリーチに躊躇するのか?
それで負けていって麻雀を辞めたオッサンが80%近いんじゃないかな?

今でもサンマを打っているオッサンは、勝負を知ったエリートといっていいかも。
それでも若者には適わない。
ロマンがあり過ぎるからだ。
ペンチャン・カンチャンのノミ手でリーチを掛けることを恥と思っている。
ハネ満の手でも、リーチが掛かれば手を崩して死ねるところに優越感を感じる。
それで負けても。

面白いもんだ・・・

19500円のテラをあげるのに53700円負けるバイト

Topから1000円のテラだから、19500円のテラなら20半荘。
(ヤクマン祝儀でテラから500円出しているので)

店の半乗り 53700円÷2=26850円
バイトの日当 800円x8時間=6400円。
店にすれば、26850+6400=33250円のバイト料を払っているのと同じ。
いや、給料で追いつかないんだから、53700円のバイト料を払っているのと同じようなもの。

この負け方から考えると、リーチが掛かればペタペタ死にまくっている。
Topを取れないんだから、半荘に付き2685円づつ支払う為に入っているようなもの。
(毎局、テン即リー全ツッパしても20半荘で5万も負けることは無い)
店は、1000円のテラをあげて1662.5円を損している。
動かさない方が、半荘に付き662.5円損しなくて済む。

「負けを少なく済ませよう」と思うだけで、「勝とう!」という意思がないんだから負けるのは当然。

強いのは、加減させれば済むけど、弱いのはどうしようもないな〜・・・
困ったもんだ。

「手を抜いても勝ってしまいました・・」だって!

今日は+49600円。
日当入れて日収が60600円。

「オーラスで、逃げてTopなのに、連荘のチャンスを作ってやろうと国士を狙ったり無理な手作りをしたりしているのにあがってしまうんです」と。

昨日と今日で20万近い収入!

具合が悪いな〜・・・

大勝記録が更新された!

(1x1のサンマで)10時間強で+124000円!

記録を塗り替えたのはアキノリ君。
恐らく、この記録は塗り替えられないだろうな〜・・・

彼の日収は135000円だった。
訪問者数

Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ