牌鬼屋のボヤキ

宇宙から見た地球ってどうよ?側から見た麻雀も違う観点から見えるよ。
は「勝つ為」「楽しむ為」に来るけど、は「勝たせる為」「楽しませる為」に待っている。
勝てば来る。楽しければ来る → 来たら(テラ銭ではなく)遊戯料金が頂ける。
目先の利益の追求はしないので(風適法上限額以内の)他店の半分以下だけど
細〜く、永ぁ〜〜〜く。

バターとマーガリン

最近、ローソンやイズミヤで、やたらマーガリンを使用したパンが増えた。もうすぐマーガリンの製造が禁止になるのではないだろうか?

マーガリンは、脂肪分子に水素原子を加えることにより、自然界に存在しない人工的なトランス型脂肪酸に変形されたもので、西欧ではクローン病の原因と認定されたとか?
そういえば、昔はマーガリンのCMでがTVでバンバン流れていたが、いつの間にか全然見なくなった。厚生省が圧力をかけたのかな〜?

リアル麻雀はバターであって、ゲームやネット麻雀はマーガリンのようなものだな。文部省が圧力をかけて禁止にさせないかな〜?w

今日、Mヤンと座長と打っていて、俺が親で連荘し3本場。
2人の持ち点が4000点と9000点。
南南22p456p123s678s 5w(抜きドラ)でテンパイ即オープンリーチを掛けた。Mヤンが間違って南をツモ切った。
俺は「それは切れん!戻して流局チョンボ!」と言ったら、座長が「一度河に切った牌は戻せんのと違うんか?!」とクレームを付けてきた。
俺は「単騎待ちになって手詰まりの場合以外は切れん。そうでなければ、2人で組んで打ち、相方にオープンリーチを掛けさせてそれに振り込んで役満払いとかされる。これはルールで、戻して流局チョンボと決めてある!」と言った時に2pをツモって2人ドボンにさせた。
座長は「そんなルールはおかしい!こんな場合はどうなるんや!」と、手を公開したら、中が暗刻で南単騎のテンパイだった。俺はこの自己中の思考(切れない牌を間違って切ったんだから戻さなければならない。出アガリできるはずがないのに、自分があがりだったらあがろうと思う強欲さ)にむかっ腹が立ったので、時局、座長が53000点、Mやんが48000点のオーラスで、ノミ手をツモったけど頭落としをしてやった。案の定、Mヤンがリーチを掛けてツモあがってTopはひっくり返ったwww

閉店後、Hちゃんとバイトのアキノリ君と雑談していたら、アキノリ君が観戦していたけど、座長はMヤンが南を切った時はテンパイしてなかったとのこと!

麻雀は人間性が現れるんだな〜・・・

道中の勘定はするな!

「エエとこ食い」をしようとする者は「(図書)券」を勘定ばかりしている。
そこから負けが始まる。
勝っていたら「これだけ勝っているんだから溶かさないようにしよう」と思ってしまう。
そこで「守り」に入ってしまい、勝負をしていたらあがっていたのを逃してしまう。
負けていたら「これ以上負けないようにしよう」と思い、死に打ちしてしま。
全てのギャンブルでいえることだ。
では、なぜ勘定したくなるんだろう?
自分のピークが無意識の内に判るのだろうか?
そうでなければ、それまで勘定しなかったのが急に勘定したくなることの説明が付かない。

今日のKちゃんがそうだった。
53000点持ちでTop目だったとこで、券を勘定して「よっしゃ〜、これで元や!」。
あと「これで帰るゎ。」といいたそうだったけど、卓が割れるので気を使って「これからが儲けやw」と言った。俺は「それやったらリーチや!w」とリーチを掛けた。
河 北中1p6s9p(リーチ)
Kちゃんは親なのに、北の対子落としで回り始めた。
その後、5p7p6p6p1s9p・・・とベタ死にになってしまった。
Kのオッサンがハネ満をツモあがった。
「2sとおった?」と聞いたので「リーチのみのペン3s」と言ったら苦虫を噛み潰したような顔をして「しまった〜!あがってた・・・・」と。
ここからズルズルになり、31000円(の図書券w)の負けになり帰った。
去年までは「ワシも最近、負けんようになったゎ〜。マスターもワシらに負けてたらテラで追いつかんやろwww」と言っていたのに。

Kちゃん、今月の負けを考えるから手が竦むんやで。
点棒を数えるから勝負が出来なくなるんやで。
道中の券を数えるから守りに入って負けになってしまうんやで。
長時間打てば、守れば負けるのがサンマやで。

ヤッパリ性格は変わらないな〜。

Tのママは、何か言ったら(怒るようなことでもなかったけど)「何ぬかしとんじゃ〜!」と掴みかかってきたwそういえば、この前きたときに「ママは性格が穏やかになったな^?」って言ったら「そんなもん全然変わってないで〜。いつも行ってるとこでは言いたい放題やで〜。」と言っていたな〜W

目が悪くても座り続けて大負けするミーさんは、「悪い時は怖がって死にまくるからズルズルと負け続けて大負けになるんやで!」と教えたら、最近、1万強を負けたら帰っていたけど、昨日は閉店まで座って大負けしてしまった。(メンバーが大人しく、打ちやすかったのもあるけど)

コガのオバチャンは、「I君は自分が上手いと思ってるし、コガさんが一番下手やと思ってるんやから、打ち方について一切ものを言ったらアカンで!」と教えていたんだけど、今日、一緒に打っていてI君がヤミテンでツモあがったら「ほら〜、何でもリーチせんとアカンやろ〜!」って言ってI君に「うっさいな〜!余計なこと言うから気分が悪うなって麻雀打ちたないようになるんや〜!」と怒らせて帰らせてしまった。(オバチャンは、I君がいつも負けるので応援するつもりで言っているんだけどね。)

ハシビロコウは、麻雀でも1万負けて止めるのが続いているし、パチンコで負けて金が無くなって観戦だけで帰って行った。明日から、又、貼り紙をされるのが分からないんだろうな。
以前に、この貼り紙で来れなくなったことを忘れてしまっているんだろうな〜。

麻雀を打たない者はお断り!
当店は、商売としての麻雀屋であり、公共施設ではない。
よって、麻雀を打たない者の入場はお断り!
麻雀を打つ金が無いなら、イズミヤの階段の下に休憩所があるので、
そこに行けばタダで座っていられる。

ま〜、先を考えられないバカだから、目先の欲で他人を不快にさせる発言をしたり(京都のチャイナ君が断った理由だろうな?)、相変わらずパチンコで負けて月末には文無しになっているんだろうけどwその内に、パチンコ屋のガラスを叩いて出入り禁止になるだろうな。

バカは優しくすると、すぐに付け上がる。
愚かなもんだ・・・

♪今〜年6〜0のお爺さん〜。

と〜しをとっても麻〜雀打〜つ時は、げ〜んきいっぱい強打する。それリッチだ、リッチだ、りーチだぞ〜!♪って唄って冷やかしたら「わしは63じゃ!」と怒り出すw
こんなバカ言って打っていると時間を忘れてしまう。
気がつけばAM4:00を過ぎていた。
結局終わったのはAM5:30だった。
遵法営業の店が何ということをしてしまったのか〜!w
ま、営業ではなく、閉店後に自分が楽しんで遊んでたんだからいいか?W

以前、フリーで来ていた若者達が、よく貸し卓で打ちに来る。
理由は「オッサンはマナーが悪い」「負けるから」がよく聞く理由。
↓こんな注意書きを貼ってるんだけど、オッサンはやっぱり「お前らが生まれる前から麻雀を打ってるんや!」という自尊心があるから、若者には屋根からものを言ってしまう。

 麻雀は、男も女も、老人も若者も、社長も学生も、対局者の全てが対等である。
勝てば、上手くて強いという事であり、負けても、その原因は己にあり、他者の所為ではない。

悪いマナーを直そう!

1、高圧的に喋る。
  アゴで押さえるのではなく、腕で押さえるのが麻雀。

2、遅い。
  ツモる前に切る牌を考えておくのが常識。

3、手を開けて解説、講釈を言う。
  誰もまともに聞いてないし、上手いとは思ってくれない!

4、先ヅモをする。
  不正行為だと認識しましょう!

5、他者が考えると急かせる。
  自分は考えない?自分の遅さは解らないもの。

6、強打する。
  怖がって叩きつけても当たるの!

7、ヒジをついて打つ。
  負けている者の典型的な不貞腐れポーズ。

新規のお客さんには優しく!

負けた理由を他人の所為にする。
「アイツがポンポン鳴くから下家がバカヅキした!」とか。
笑ってしまうのが、以前よく一緒に打った元ヤクザのNのオッサン。
俺が5p単騎のチートイでリーチを掛けたら、後スジに掛かって赤5pを切って放銃したときに「お前の鳴きでこんなもん引かされて放銃させられた!」と言い出した。
「オッサン!俺、鳴いてないの!リーチを掛けてるの!アンタ、手の中から5p出して切ったの!w」と言ったら「お!そうやったか?あ、コイツの鳴きで無茶苦茶にされたんや!」と言い出したので「この人も門前で打ってるの!アンタが1pを鳴いてるだけ!w」と。

Nのオッサン!布施で麻雀屋をやってるとか言ってたけど本当にやってるのか〜?
たまにはアンタの「キャン!キャン!」って声が聞きたいぞ!




客が客を躾ける

以前に行ったフリーの常連達は、酒を飲んでいる者が卓に着くと二人揃ってスッと立つ。(酩酊状態ではないし、常連客のようだったので、店も案内しないわけには行かないようだった)
それで他の卓に座る。メンバーが入りゲームが始まる。
座った酔っ払いはポツンと置き去りにされている。
そこにマネージャーが来て「飲みすぎてるから避けられたやろw」と世間話をする。
「俺は酔うてないし、迷惑かけるような打ち方はせ〜へんのにな〜・・」と喋っている。
他にも、強打したり貧乏ゆすりする者が入ったらスッと立つ。
この「店と常連客のコンビネーション」は素晴らしいものだった。

別な店では、滞空時間(盲牌)が恐ろしく長く、その上長考するお爺ちゃんが居た。
常連で一番気が短いSヤンが「ここに入れるな!」とメンバーに釘を刺す。
他の卓より先に終わったのを見てお爺ちゃんが勝手に座った。
案の定、イライラして「早よいけ!切るもんは決まっとるんやろ!」と怒り出した。
そのお爺ちゃんも気が強いから「何ぬかしとるんじゃ!誰でも考えるんは当たり前じゃ!」と怒鳴り返した。Sやんは「何〜!」と立ち上がったが、相手は小さなお爺ちゃん。殴るわけにも行かず「あと打ってくれ・・・」と「お帰りピンチ」で帰って行った。
それ以来、お爺ちゃんが来ると、メンバーがWで入って相手をするようになった。

うちの客は、嫌な者とでも入ってきたら仕方無しに打つ者が殆どだ。
「マナーが悪いことをしたら2人で立って止めてしまい、他の卓でメンバーを入れて打て」と言ってるんだけど、「そんなことしたら気が悪いやろうから出来んゎ〜」と言う。
それをすることによって相手の矯正になるってことを考えない。
というより、負けていたら相手が何でもいいから取り返そうって思いしか無い。
(立って他の卓に入ったらいいのに)
勝っている時は「わし、これで止めるから」って帰るんだから。

スッと2人で立ち、他の卓で始めることによって躾けるってことを覚えてくれたらな〜・・・




あの人はどうしてるんだろう?

以前、2chから来てくれたOさん。
温和でいい人だったのに〜。
4人打ちの癖が付いているから、打牌までに時間が掛かる。
ツモった牌を2回ほど手牌に当ててから切る癖があった。
下家のハシビロコウは「どうせ2pを切るんやろ!はよ切れ!」と言った。
慣れている者は全く気にしないことだけで、スレていないOさんは頭にきたようだった。
Oさんの上家の座長が遅いのでイライラしてたし、ハシビロコウは座長に文句は言わないんだから、余計に頭にきたようだった。「自分も遅いくせになにゆうとるんや!」と怒りました。
ハシビロコウは黙ってしまったけど、それからOさんは来なくなってしまった。
そうとう不快な思いをしたんだろうから、電話謝るのもできなくなってしまった。
日当9000円で働いていた土方だったし、脳梗塞になってから、生活保護を受けながら(年金かな?)パチンコや麻雀をしてるだから、負けてきたらイライラするようだ。
目先の欲でクレームを付けたり偉そうに言うことによって嫌われて損しているとおしえてやってるんだけど、相変わらず目先にことでしか考えられないようだ。
「オッサン、若い子には偉そうに言うたらアカンで!といつも注意している。
卓が割れても関係なく、相変わらず1万円負けたら帰ってしまうし、俺が「今度は手を抜くからもうチョット打っていき〜な〜!」って言っても帰ってしまう。
券がなくなったら帰ってしまうので、少なくなったら放銃してやる。
これを悪用して、5000円券をポケットに隠す。
ドボンして箱の券が無くなったら「帰る!」と言ってポケットから5000円券を4〜5枚出す。「しまった〜!又、隠してやがった〜!」と思っても後の祭り。
これを真似て「あがれんからおもろない!帰る!」と言い出す座長。
それに釣られて「俺も買える!」と言い出す者もよくいる。
フリーではやっぱりこんなコシャな客は断った方がいいのかも?
便所には「他者があがったときは、{素直におめでとう!}と言いましょう!それが言えなければ、今打っているレートが貴方には大きすぎるということです。もっと低いレートの店に行かれることをお薦めします」って貼ってるんだけどな〜。
読んで自分の言動を振り返り、恥ずかしいって思わないんだろうか?

些細な金額に拘って人格を落とさないようにね。

麻雀(打ち過ぎ?)はボケ防止にはならない!

薬局にあった脳年齢とストレス度のテストをしてみた。
「今日のあなたの脳年齢は66歳です」
すばやさ・・・50/48
脳の元気度・・40/49
有効活用度・・30/49
(分母・・平均値 分子・・測定結果)
有効活用度・・本体の能力の活用度。
数値は能力発揮の度合いです。
検索時に記憶したボタンの配置をどの程度活用したか計算しています。

脳の元気度・・どれだけ疲れにくいのかの目安。
精神疲労による後半の検索反応時間の延長を計算しています。
数値が高いほど
疲れにくい上体です。

すばやさ・・実年齢に比する情報処理能力。
数値は処理速度で、絶対的な総探索反応時間を計算しています。

●総合アドバイス●少し脳の老化が進んでいるようです。局所的に脳機能の低下が見られます。
頭を使う時間が人並みより少ない生活を送ってはいませんか?今日から脳のトレーニングを意識的に行ってみましょう。少しでも脳の老化を遅らせることがあなたには必要です。
●有効活用度●脳には、モノを見つける認知力の他にも、思考力、記憶力、運動制御力などあらゆる能力が存在しています。しかし、今のあなたは、ひとつのことに気を奪われてしまい、常に100%の能力を使うことが苦手なようです。これでは、せっかく本来の能力があっても効率的な行動ができず、実力を発揮できません。全体を見渡して冷静に行動すれば、あなたの実力が発揮できるはずです。
●脳の元気度●少しの作業でも疲れやすいあなたは休息が必要です。少し休めば本来の実力を発揮できるはずです。
●すばやさ●あなたの情報能力は、平均的出人並みと言えるでしょう。今の状態で日常生活に問題を感じたことはないはずです。しかし、あなたの能力は十分に発揮されていません。人並み以上の処理能力を発揮するには日頃のトレーニングが欠かせません。まずは日常生活にリズムをつくりましょう。作業や仕事中は集中する・休息時には何も考えない等、生活にメリハリをつけることで、あなたの能力は伸びるはずです。

「今日のあなたは・・・ストレス度97% 頭の回転度10%」
●ストレス度●ストレスが顕著です。もし、体調も良くないなら今すぐ休息を確保しましょう。体調が回復すればきっとあなたの能力も向上しているはずです。頑張ることより思い切って休んだほうが、結果として作業が捗る場合もあります。
●頭の回転度●今のあなたの脳は、たいへん頑固なようです。同世代の方とお話をしていて、会話についていけないなど違和感を感じたことがありませんか?毎日の生活にも新しい刺激が必要です。何か新たな趣味を見つける努力も必要です。たまには気分転換して、脳をリフレッシュしてください。

こんな結果が出てしまった!
麻雀も程々にね。

麻雀は時間を忘れる面白さがある

今日、ノーレートで打っていた若者達は、AM10:00〜PM11:40までの14時間近く打ち続けていた。
富田林から来ていた青年は、時間を忘れているようなので「車で来たんだな?」と思いながらも11時半頃に確認のために聞いたら「電車」と言ったので「もう電車が無くなるよ!」と言ったけど、慌てて帰る様子も見せずに半荘の決着が付くまで打って帰った。
タクシーで帰ったら1.5〜2万円は掛かるのに〜!
フリーで打っていて10万以上負けているなら気持ちも解るけど。
ま〜、ノーレートで打つ者は「プライド」を賭けて打っているんだから、金銭には換算できないってことも分かるんだけど・・ヤッパリタクシー代は痛いんじゃないの?
ってか、電車に乗ってまでノーレートで打ちに来るのは、麻雀を愛してるって言えるな〜。
そういえば、俺が若い頃も同じだったな〜。
関学の裏の雀荘長屋に、電車を乗り継いで0.1〜0.3の麻雀を打ちに行っていた。
他のオッサン達も同じだったはずだ。
それがいつしか金銭欲だけの麻雀を打つようになってしまっている。
何か淋しいものを感じる・・・。

考えてみれば、金持ちで弱い者ほど大きなレートを打ちたがる。
理由は、勝っても少額だし、負ける時は大きく負けるから。
この時に「こんな小さい麻雀で5万も負けた!取り戻せることはない!アホくさい!」と捨て台詞をする。(オイオイ!こんな小さな麻雀で5万も負けたって、よっぽどヘボなんじゃないの〜?自分のヘボさを自慢しているのか〜?w)
「もっと大きなレートを組み〜な!」と言う。(ヘボさを、銭にもの言わせて相手をビビらせて勝とうってか〜?アンタ1日いくらの生活をしてるんだ?月収はいくらあるんだ〜?分不相応な勝負をしたら負けた時に痛いだろ?何年か前を思い出してみろ!www)

「サンマはチートイか〜?」

って言ってる割に、チートイツのイーシャンテンから鳴くU君。
本当は、チートイツが嫌いで、ピンフ形か色に走る。
年がら年中「これで10対子」「これで11対子」って叫んでいる。
「ピョン!」と鳴き出し、他者がリーチを掛けると「チートイのイーシャンテンから鳴いてもた!w」と笑ってる。
しかし、これがとんでもない他者に迷惑をかけることが多くある。
(結果的に)門前でリーチが掛かって即ツモしている手を「ピョン!」と鳴いてポンテンにし、鳴きズレた牌をツモ切った者から「ロン!」となる。
門前でテンパイしているのに「ピョン!即消し〜!w」と鳴いて(鳴かなければツモあがってる牌で)リーチを掛けている者に放銃させる。
結果的には頭突き(最近の言葉ではデバサイ?)でTopになったりする。
あるときは、喰い下げた牌で「これはえらいものを持ってきた〜!」って死なれてしまう。
何が起こるか分からないから危なくてヤミテンにしてしまう。
相手の待ちを、色で決めて2点ぐらいに絞って打つ。
リーチを掛けたら、自分の河でピンズの1通を切り出し、ソーズの大車輪をあがったりする。
反対に、色に走り出したら何でも出てくる時もある。

「カン」だけで鳴いたりしているように見えるけど、俺には判らない思考法を持っているのかもしれないな〜・・(「カンだけで打つ」愚者ではない人間だから)

狂気の放銃王

タヌキってあだ名の常連さんがいる。
肩書きは「立命館大学放銃部OB」w
リーチが掛かっても全く関係なく不要牌は全てツモ切りをし、テン即リー。
(以前はもっとひどく、相手が白發を鳴いていても中をツモ切りするし、国士っをされていても自分がテンパイなら河底で4枚目を切っていた)
あまりの直線攻撃なので対局を嫌がる者も多い。
勝ちだすと止まらないし、負けていてもどこかで取り戻してしまうのは、相手が「コイツは何でも放るから悪い待ちでリーチを掛けたら負けるかも?」とか「コイツのリーチは、現物以外は何が当たるか分からん」と考えてしまうからだろう。
「ツイてる時は放銃した方がいいから放銃牌が来るので、放銃することがそのツキを最大限に利用することになる」ってことを実践している。
今日はこれで何回も芽を摘み取られてしまったw

この男でも、たまには怖がる時がある。(必ず大負けする)
給料後の休日に朝から打ちに来る時。
「今日は閉店まで負けないように遊ぼう」と考えるからだろう。

「負けないようにしよう・・」とか「遊ぼう・・」と思えば大負けし、「勝ってやろう!」と思えば勝てるのがサンマ。

訪問者数

Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ