牌鬼屋のボヤキ

宇宙から見た地球ってどうよ?側から見た麻雀も違う観点から見えるよ。
は「勝つ為」「楽しむ為」に来るけど、は「勝たせる為」「楽しませる為」に待っている。
勝てば来る。楽しければ来る → 来たら(テラ銭ではなく)遊戯料金が頂ける。
目先の利益の追求はしないので(風適法上限額以内の)他店の半分以下だけど
細〜く、永ぁ〜〜〜く。

アリアリルールの純チャンは何故20符計算しないのかな〜?

Yahoo!板で語っていて思ったんだけど、今まで疑問に思わなかったことが。
アリアリで純チャンの20符計算もしないのは不思議じゃないですか?
11p123s789s78p  789w(チー)
これで9pであがった場合20符2翻で計算しなくてはならないのでは?

浅見氏の解説では、
 たしかに食い断幺を平和(ピンフ)型でロンアガリした場合、一般の得点表に基づけば連底(小符合計点)は符底の20点しかありません。そこでこのまま計算しますと、断幺ドラ2のアガリは2600点(子)になります。
 それがどうして3900点になるかといえば、「平和加符10符」というものを暗黙の了解のうえで加算しているので連底が30符になるのです。

では、ピンフをツモった場合に、ツモあがりで20符+平和加符10符+ツモ2符で40符にならないのも不思議な気がする。

ツモればツモの2符が付くために30符になりピンフは消える大阪ルールの方が無理が無いような?

兎に角、サンマは難しい!!!!!

自分、対局者A、対局者Bのツキの状態を見極めることが出来ない者が多い。
その時の心理、手牌、点棒、勝ち負けによって変わってしまう。

まず、自分の手牌で考えてしまうところに間違いがある。
「テンパイだから」「ハネ満あるから」と、あがって連荘している親に向かって放銃してしまう。この時に「親リーにも立ち向かって蹴らなければならない」ということだけを引用して、「勝負負けだった・・」と自分を納得させてしまう。「あがって連荘している親にはベタ死にしなければならない」ということでの反省はしない。
この時「親リーだからと回っていたら蹴れない」と納得してしまう。
「立ち向かえ」「ベタ死にしろ」と、言っていることに矛盾があるけど、「あがって連荘している親」という基準から考えれば矛盾ではない。

「テンパイだから」「ハネ満あるから」と、6万点ほど持ってる子に立ち向かい放銃してしまう。この時は「子のリーチには放銃するか自分があがるかで親落としをしろ!」ということだけで放銃したことを納得してしまう。こんな場合は、「子がダントツの場合は、親に点棒を削らせろ!」ということは忘れてしまってる。

結局は、不要牌を捨てるだけの全くの初心者と変わらない打ち方。
それならそれでもいいけど、2万負けた時点で止めなければならない。
しかし、元恋しさに打ち続け、ドンドン負けが増えてきて、今度はベタ死にしてTopは全く取れずズルズル支払うだけになり、結局は大負けしてしまう。
次に勝っても戻らないほどに。

鳴いたら回れ!

ハシビロコウのオッサンはよく鳴く。
その代わり、ぐるぐる回りたおす。
通る牌でも現物以外は切らない。
真っ直ぐ突っ込んでいればあがっているのに。
普通の者ならここでツキを逃し、後は転落してしまう。
しかし、ハシビロコウは、次の局もヤミテンにする。
リーチが掛かれば、テンパイを崩して現物以外は押さえてグルグル回る。
ここでロン牌を押さえて回るのでツキを呼び戻す。

鳴いたら一直線に突っ込むものが多い。
混一色に走ってしまう。
あがって満貫かハネ満程度の手で。
放銃して「ツイてない!」と嘆く。
こんな者は、鳴くから相手がテンパイし、ロン牌が回ってきたって反省は無い。
「あの前の1pから鳴くべきだった!」と見当違いの反省をする。
愚かなものだ・・・

オリンピックを見て何の得がある?

自分の利益にもならないことを観戦するのは何故だろう?
日本が金を取ったら税金が安くなるのなら応援するのもわかるけど。
誰かが金を取っても、そいつがCMに出て儲けるだけ。
他人が儲ける為に応援するってバカらしくない?
それなら自分が麻雀で勝つ方法を考える方が得になるじゃん。

プロ野球でもサッカーでもそうだけど、どこが優勝したっていいじゃないの?
阪神が優勝したらデパートが安売りするだけで、買いに行かないものには何の関係も無い。

余計な雑念が入り、麻雀にミスが出る。
最近は、麻雀だけに打ち込む人間は居なくなったな〜。
昔は時間が少しでもあったら麻雀を打っていた。
私も、知人が関学にいたので、その裏の麻雀長屋にも電車に乗って打ちに行った。
小学校の小使いさんのミッチャンなんか、毎日昼休みに車で雀荘に来て出前(黄きつね{麺を中華麺にしたきつねうどん}とバッテラ)を頼んで半荘1回だけ打って帰ってた。
ヤクザも和気藹々で楽しみ、リーマンで麻雀が達者な大井君に対しては立てて喋ってた。
散髪屋の何とか君は月曜日には朝から閉店まで。
スナックのマスター山ちゃんも、パチプロの何とか君も11時には集合。
私は20歳の小僧で、積み込みが趣味なのは全員が知っていた。
マスターも後ろで見ていて、自分の山にかかり、不自然な切り出しをしたらフッと居なくなる。
懐かしい思い出だ。
みんな麻雀を愛していたな〜・・・

人は1日1万で生活する。

金持ちでも1万以上勝っていると腰が浮いてくる。
地主でハコ12万のを打っていたオッチャンでも。
ということは、誰でもが1万で1日を賄っているからだろう。
考えてみれば、100万勝ったや200万負けたといっても大した意味が無い。
その勝った金を明日負けに行くだけなんだから。
これが毎日何千万、何億の勝負をしていたらもっとツマランことだろう。
口座に振り込むだけで、通帳に記入されるだけなんだから。
ノーレートで遊ぶ者は1000点1000万のレートにしたらいいんじゃないかな?
今月は60億負けたとか他人に話したらいいんだしw
株でも証券会社のネットシュミレーションがあるんだし、株で儲けて麻雀で大勝負していることにする。

しかし、3万勝っている所でドボンをしたら殆どの者が切り上げる。
これ、大間違いである。
ツイてる時にドボンしたら次はTopを取れる可能性が大である。
切り上げ時はTopを取った時!
次はドボンになる確率が大なんだから。
これがギャンブルのバランスである。
スタートでドボンした時もその日は勝ちになることが多い。
スタートでTopをしたときは負ける場合が多い。
これも切り上げ時の目安にすることを薦める。

1x1の山場は3万。
3万負けたら戻ることは少ない。


スケートと麻雀は同じ?

スケートを見ているといつも思う。
「後で滑る者は氷の傷が不利にならないの?」って。
オリンピックなら次の者が滑る時に氷を削ってやらなければならないのでは?
サンマのフリーで、負けて帰った者の後に座ると殆どの場合が負けになる。鳴いたり、ヤミテンにしてクルクル回ったりする者は影響を他所に振れるけど、直線的な攻めでテン即リーの打法には、恐ろしいほどの影響がある。

1周とか2週毎に「場換え」させる店もあるが、店としては大負けさせない為に当然なことだけど、私はこれには大反対である。
その場所を腐れ目にしたのも当人の責任だ。
その腐れ場で責任を持って打たなければならないのが当然。
それで大負けして、その失敗を反省させる為にも。

4人サンマの場合は理不尽なことが起こる。
親と子がリーチを掛けた場合、親落としの放銃をしたら損になる場合が多いし、親に連荘させてしまいアガリっきりになってしまう事もある。
ま〜、半荘で考えずに打つしかないのかも?
親でない時は、ベタ死にをして点棒を減らさないようにし、下家にベタ死にでアガリを逃した腐れ目を送り込む。
対面が親の時だけは上家に打ち込んででも親落としをする。
(親落としされた目は上家に移り、あがった目は自分に移り、放銃した腐れ目は下家に送り込めるんだから)

盆屋のサービス

私は、出来る限り最高の手であがることを目標として楽しんでいる。
チートイツなら「ドラ」か(赤が2枚あるので)「5p」か「5s」待ちでリーチする。
積り四暗刻ならオープン・リーチにする。
国士無双でもテン即リーを掛ける。
西西白白白13334666s ツモ西 (ドラ1s)
1sは河に1枚切られていた。
4s切りで1s(ドラ)単騎のリーチを掛けたら、間違って出るかもしれないと思って4s切りで1順待ったら、5pを引いたので「こればら打たないだろう」と5p単騎にしてリーチ。
追いかけリーチを掛けられて、ツモ4sでツモ切り。
追いかけリーチを掛けた者は、ツモ1sでツモ切り。
結局は、追いかけリーチ者にツモあがられたw
「5p単騎やろ?見え見えじゃ!何でも5pで待ったらエエと思いやがってw」と言われたので、ちょっとムカついて「盆屋のサービスやw」と手を公開して「いつもの待ちにしてやらんと打ったら可哀想やからな。5p単騎にしたってW役満になるわけでもないのに何でわざわざ5p単騎でリーチを掛けるのかが分からんのか〜?手本引きで、始めに3を引かないのと同じで胴師のサービスと同じじゃ!w」と言ったら「情けを掛けてもろうてんのか!」と言ったので「いつも言うてるやろ?”お客さんサエ喜んでくれたら俺はなんぼ負けても本望や”って。これは本心のこっちゃ!勝てば明日も来てくれるし、それでテラが落ちるんやから結局は俺は損はせん!ガハハハハ〜!」と言ってやった。
いつも自信に満ちていたオッサンがうつむいてしまったのでチョット反省。

学習する者は向上する。

上手いけどチョッとしか勝てなかった「ハシビロコウ」(ヤミテンでじ〜っと待っている姿がハシビロコウのようなので)とあだ名をつけたオッサンが大勝するようになった。
テン即リーを掛ける若者が大勝するのを見て「そんな打ち方をしていたら、たまには勝つことはあるけど絶対に負ける!」と講釈を垂れていた。
最近は、それで大勝する若者の打ち方を学習して、發が暗刻なのにカン7pで先制リーチを掛けるようになったから。

同じ打ち方をしていたもう一人は、相変わらず変わらない。
この人は、最近来るたびに負けてしまうので殆ど来なくなってしまった。
たまには京都に4人打ちに行ってるらしい。
好成績だとか。
そこで「サンマは違う!」と気付かないのは何故なんだろう?
違いを教えようとすると、相変わらず「そんな講釈を言うから腹が立つんや!」と怒る。
ペン3sは即リーするのにカン3sはリーチしない。
理由は「カン3sは5sを引いて36s待ちに変わるから」だって。
それなら、ペン3sも4sを引いてカン3sに変わり、5sを引いて36sに変わるのに。

徹マンは身体に悪い!

常連さんが「酔っ払って運転できないから朝まで時間潰しさせてよ〜!」って、閉店前に来た。
「風営法で0時以降には麻雀はできないから」と言ったら「飲酒運転で捕まったらここでビールを飲んで酔っ払っているのに放り出された!って言うよ〜!w」と言われた。
「車を運転されるお客さんにはビールは出せません!」と貼紙してあるんだからいいんだけど。

「麻雀=徹マン」(特に若者には)って図式があるようだ。
だからパチスロや飲んだ後に麻雀をしようと思う。
テツマンは、健康に悪いし、思考力も落ちてしまい、半荘に1時間以上掛かるようになってしまう。
反対だろうに・・
飲酒運転でも同じだが、酔っ払っていても麻雀は打てる。
しかし、後ろで見ているとミスばかりしている。
本人も気付いて「アカン!失敗した!酔っ払ってるゎ。」と言っている。
そういいながらも打ち続けている。
酒は、麻雀を打って疲れたら飲みに行くもの。
パチスロをしないで麻雀を打つ。
徹夜で営業している雀荘にも問題がある。
0時(特殊日は午前1時まで)で閉めるように徹底すれば、麻雀を打ちたい者は、他の遊びを止めてでも0時まで打つようになる。
パチンコ屋が閉まってからとか、飲んだ後で打ちに来る者には「麻雀と言う素晴らしい遊びが夜中の時間潰しのためにだけ」で打たれているようで情けなさを感じる。
雀荘の地位向上の為にも遵法営業が望ましい。




サンマとパチスロ

パチスロが好きな者はサンマが好きなのかも?
パチンコが好きな者はサンマには興味が無い者が多い。
結局は金銭欲で打っているだけだろう。
20万勝ったとか30万勝ったとか言ってるけど、結局はその何十倍も負けてしまている。
それならサンマで5x5でも打てば20万や30万は勝てることもある。
自宅に台を買って打ってみればいい。
音はうるさいし、換金できないんだからアホらしくて5分も打てない。

低設定の台しか当たらなかった者とか、パチスロで負けてからサンマを打ちに来る。
今の台ではオヤジ打ちしても変わらないらしいのに何故?
どこかに「目押しで揃える技術介入で攻略している」という思考があるのかな?
そんな者でも、目になってない時でも役が無いからと聴牌したらリーチを掛ける。
それって、フラグが立ってないのに目押ししているのと同じだって考えないんだろうか?
パチンコもパチスロも、入賞タイミングやレバーを叩くタイミングで当たる判別をする。
体感器でも持って打つのでなければ、結局は偶然に当たりを引くだけでしかないのに。
偶然の当たりを期待するだけの遊技をサンマと同じに考えるから進歩が無いのかも?
パチンコやパチスロをいくら続けても絶対に上手くなることはない。
「立ち回りで勝てる!」と言ってる者が「パチンコは絶対に負ける!」とぼやいている。
サンマを突き詰めて考えれば、強くなるのは当然なのに、何故もうい一歩踏み込んで打法を考えないんだろう?
他人の打ち方を見ないし、相変わらず同じうち方を何年も続けて負けている。
配牌、ツモ+ツキで考え直そう!


訪問者数

Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ