牌鬼屋のボヤキ

宇宙から見た地球ってどうよ?側から見た麻雀も違う観点から見えるよ。
は「勝つ為」「楽しむ為」に来るけど、は「勝たせる為」「楽しませる為」に待っている。
勝てば来る。楽しければ来る → 来たら(テラ銭ではなく)遊戯料金が頂ける。
目先の利益の追求はしないので(風適法上限額以内の)他店の半分以下だけど
細〜く、永ぁ〜〜〜く。

ハクさんへ。

必勝打法とかも全て「サンマに対する思考法」として考えてくださいよ!
例えば、「放銃したあとは、1鳴きをしましたか?」にしても、他者が鳴いてくれるなら自分は鳴かなくてもいいし、
自分が鳴きズラしたとしても他者の鳴きで山が戻ってしまえば鳴いた意味は無くなります。
あくまでも「全員が門前で打った場合」を想定しての思考法ですから。

>始めての1局を門前で打ちましたか?
これは、その日の座って始めての1局のことです。
裏ドラとか、ツモれる・あがれない・放銃するとかで、その日のツキを探るのにいい手段かと考えています。

南ラスで放銃した場合は、清算によってリセットされると考えています。
それと、Topを取ったら次はドボンという流れも多いので、Topを取ったら次の局は1鳴きで上がりに掛ける方がいいのかもしれません。
それと「回り親」で打つ場合と「1回づつ親決めする」場合とでも違いますよね?

>字牌の対子が2つ以上ある場合でも1鳴きはよくないでしょうか?
あがった後では1鳴きはよくない場合が多いように思います。
(人によっては、鳴けば絞る者もよくいますし、鳴かなくてもツイているんだから暗刻になる)
これも、あまり拘ってはいけませんよ。
というのも、上家から發が出てポンして、下家から白が出てポンすれば、山は元に戻っているのだから。

調子よく勝っている者が目を崩す場面は、親で連荘している時、1〜2順目に上家からW東とか白のドラが出てポン。
下家がリーチを掛ける。
テンパイとかイーシャンテンで突っ込む。
バイマン放銃。
あがった下家が親になってリーチ。
蹴ろうと焦って放銃。親バイマン。
ここから転落して、一気に負けになってしまう。
(調子よくあがっていたので、目が変わったことに気付かず同じ攻撃型を続けてしまうから)

ツイている者からは鳴いてもいい。(その山を引き込むために)
しかし、それでもツイているものがリーチを掛けてきた場合は選択が2つ出てきます。
1、ツイてる者の山を引いているんだから自分があがれる。
2、ツイてる者の山を引いているんだから、ツイている者の必要な牌をツモっている。
こうなれば、待ちが完璧に読めない限り難しいでしょう?
ヤミテンにされたら尚更大変でしょう?

ということは、鳴かないで打ち、「ツイている者には逆らわない」というのがBestではないでしょうか?

麻雀も遠隔が出来たらな〜。

久しぶりに来た客が大負けしてしまう。
(サンマはあまり打ってなかった人だから負けるんだけど)
リーチを掛けられたら死にまくってしまう。
「南場で6万点も持っているんだし、子のリーチなんだから打ったらいいのに〜!」って見ていてもションパイの白を止めて死んでしまう。
親がバイマンをツモあがってTopが変わってしまった。
何待ちやった?」と聞いて「中と5p」と言われたら、その後に引いてきた中を見せて「これで死んだ!」と言っていた。
「嘘つけ!白で死んだじゃないか!真っ直ぐ打っていたら中が来る前にあがてたYO!」と言いたいのをガマンして遠ざかる。
「又、1年ほど来ないだろうな〜・・・」と思いながら。

パチンコで負けたものは「遠隔されてる!」と思う。
勝ったときは絶対にそうは思わない。
例えありえない連荘で勝ったとしても。
遠隔して20万でも勝たせれば、2日で返してしまう。
1週間でその3倍は負けになる。
これが遠隔の目的なんだから。
Totalで負けていても相変わらず通い続けるのは、勝ったときのドーパミンの快感だけを求めてしまっているから。
愚かなもんだ・・・

三味線の効果

今日、三味線アクションにやられた。
N君がリーチ後、6pをツモった時に盲牌を間違えたようなツモり方をされたので「7pか8pと間違えたな?」と勘繰って7pを止めて回った。
11144p發發白白3455s ツモ7p 打3s
ツモ8p打4s、白ツモ切り、ツモ8pで「下まで伸びてないやろな〜?!」と1pを切ったら「ロン!」。チートイの1p単騎だった。
他の客なら「その6pは何!盲牌間違い?」と聞かれるけど、「麻雀とは、河に捨てられた牌を見て相手の手の内を読むゲームである。耳を塞いで卓上だけを見ていれば、三味線、腰使いなどに惑わされる事は無い。他者があがった後でのクレームは一切不可。」と店内に貼りだしている手前、聞くこともしなかったし、「ま、国士打ったんだからいいか。」と思っていたら、それから一気に噴き出し、即ツモとか裏3枚とかになり、もう一人のU君もズルズルに負けてしまった。

「店だから」と何でも許すのは、他の客に迷惑をかけるな〜。
そういえば、リーチ後、ツモあがっている牌を河に切ってしまって「あ、あがりだ!いい?」って聞かれて「いいよw」と言ったら「ルールでは、河に牌の背が付いた時点で戻せないんじゃないの!?」ともう1人に怒られたことがあったw

ノーレートなら誰も文句は言わないだろうにな〜・・・
麻雀はノーレートがいい!

早い役満

a1ddd0b4.jpg今日は、座長が6順目ぐらいで十三門待ちでリーチしていた。
先日は、コガのオバちゃんが2順目で国士1w待ちでリーチ。
最高なリーチは、1年前のI君(写真)が親で4pを切ってのWりー四暗刻東単騎待ち!
I君が負けていたので、私は遊びで国士を狙った。
配牌 東西發發1333s489s79p ツモ發打4s
次順にI君が7pをカン。カンドラ3s
私のツモは通ってる中張牌ばかりでツモ切りばかり。
5〜6順目にタヌキがりー・ピン・ドラ1であがった。
I君は真っ赤になって手を公開したら!!!!

麻雀は何が起こるか分からないし、何が幸いするかわからないものだ・・・
I君はどうしてるかな〜?

誰でも出来るヤクマン

a82b602d.jpg恐ろしく簡単に字一色が出来た。
配牌 白白發發發中中北北東南西89s
目標は一本だったから、少しでもキツイ切には見えないようにと9sから切り出した。
1順目上家から北が出たのでポン。
次のツモで西、7p、5p、白!
テンパイした途端に西が出て「ロン!字だらけ。48000点。おしまい!」。
これは誰が打っても確実に出来た。

牛歩は歓迎するべし。

「牛歩の下家に座ったからイライラして負けた!」と言う者も多い。
己がツイていなかっただけで、イライラするのとツモ牌は関係ない。
これが、もし勝っていたら「上家がナマコで、毎回考えるのを待ってるのがダルかったけど、時間給にしたらマ〜マ〜やったw」と喜んで講釈をたれるくせに。
そんな者は、負けだしたら先ヅモしだすので無警戒でやり放題になってしまう。(先ヅモしなくなるまでは全く無警戒で打てるんだから「先ヅモあがり放棄」なんて指摘しないで大歓迎される。ポンが入って違う牌を返しても、お情けで「汚いヤツだ!」と思われながら見逃してもらえるけど、それがまたツイているものには必要牌だったりするので余計に悪くなる)

目に見えている牌だけで考えて(結果的に)失敗してくれるんだから牛歩は歓迎するべし!

強くなる者は吸収する。

必勝打法を実践しているものは勝つときに大勝ちする。
4人打ちから入っているものは「下手な麻雀を打つやつだ。ここのメンバーは楽だ・・」と思っている。しかし、長時間打てばそれらにコテンパンにやられることが多々ある。
それらを麻雀が終わってから飯にさそう。
それで一杯飲ませて麻雀について講釈をたれる。
きっと「そんなうち方をしていたら勝つことはあるけど、結局は負ける!}と言うんだろう。
それを聞いた者は、必勝打法の思考法を語る。

最近、ハシビロコウのオッサンが大勝をするようになった。
対局しても、リーチで殺せなくなったし、カン7pでも先頭切ってリーチを掛けて来るようになってしまった。元々、麻雀は上手い男だからこれからが大変になるだろう。
そういえば、オッサンは外大君を誘って飲みに行っていた。
若者は反論して、必勝打法の思考法を教えてしまったんだろう。
覚えてある程度になると講釈をたれたくなるのが博打ちの悪い癖だ。
「下手ですから」と言っておけばいいものを・・・

役満がよく出る日はなぜ?

今日は1日で9回も出ている。(店から500円の祝儀を出すから−4500円w)
「やられたらやり返す」って心理が働くから?
しかし、誰かのミスがあって出来るんだから・・・

最高に面白かったのが、
U君は、大車輪9s待ち。(ソーズでもOK!)
私、国士の1w待ち。
親のH君は小車輪の8p待ちでリーチ。
U君がH君に放銃。
5w(抜きドラ)2枚赤5p2枚裏ドラ3p2枚で15翻で親のトリプル。(数えは16翻)
点棒は36000だから一番大きな手だったw

それから、H君が3pをカンして5pを切ってリーチ。
U君が親で3連荘でドラの北を切ってリーチ。
私が北をポン。
3順目に1sをツモ切ってH君の四暗刻単騎に放銃でドボン。
その次の局で、私が出親。
配牌が、中中白白白發55699s79p
H君が中を切ったのでポン打9p。
次のツモが發で打7p、8pツモ切り。
發が出たのでポン打7s、次順に5sをツモあがり。
こんな時に47sに受けたら失敗することが多い。

本日のチョンボ:
南場なのに東をポンして「南場やで?」と指摘され、空ポンにして「空ポン罰符2000点」を支払った。

「リー・ヅモ・1通・ドラ4.ハネ満!」と計算した。

麻雀は本当にボケ防止に役立つのか?

最近、同年代の者が打っているのを見ていると初心者のようなミスをよく見る。
自分が打っててもそう思う。
先日も1223wと持っていて3wを切ってチョンボをしてしまった。
その前は78995(赤)5pと持っている赤5pを切ってしまっていた。
ツモりに行く時に、河を見て赤5pを切っていることに気付く。
中・・・・・西中・・・・・・と配牌であって、中を切ってしまう。
それで西を左に運んで西中で対子と思ってしまっている。
(このままリーチを掛けてしまったりすることもある。)
最悪なのは、6pと2pを盲牌間違いする。
6pの端の○2個を触った時点で「ピンズー○2−2p」と記憶してしまうのかな?
麻雀に真剣さが無くなっているのは確かだけど、この初心者のようなミスは何故なんだろう?
それと、68987sという持ち方をした時に、67889sと並べなおさなければ分からなくなってしまっている。覚え始めのころに逆行してしまっている。

「健康麻雀」と言われているけど、本当にボケ防止の役に立つのかな?

清老頭を放銃

7fe623eb.JPG南1局、0本場、リーチ棒4本(リーチ取り)、ドラ東。
西家・13000点
手 中中5(赤)52288p22s南東白 ツモ9sツモ切
河 9s9w1w發3s4p8s5(赤)s3p9s(放銃)

南家45000点持ち。
手 ■■■■■■■  9w9w9w(ポン)1w1w1w(ポン)5w5w(抜きドラ)
河 1s7p5s西3s3p7s5s北4p

東家のオッサンは「これはアカン!1919は値が高い」とブツブツつぶやいて112sと切り出して回っている模様だった。
「ロン!」の声が聞こえた途端に「ほれ見てみ〜!無茶しよんな〜!19は値が高い言うたやろ〜!ワシはこれで回ったんや!」と手を公開したら東と南が1枚づつ。
「初っ端に9s切ってるし、チリコのシャテンやし、俺も東と南は止めてるがな。しゃ〜ないやろ?」と手を公開して見せた。
南家がおもむろに■■■■■■■を開けると111999p9s!!!!
1sの切り出しで清老頭は無警戒だった。
ドラが東だし南場だったので、そっちを警戒してしまった。
オッサンも帰りに「飯代2000円!」と請求したw(放銃者は4000、もう一人は2000の祝儀なので)

1199w113799p579sぐらいの配牌だったのかな?
訪問者数

Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ