牌鬼屋のボヤキ

宇宙から見た地球ってどうよ?側から見た麻雀も違う観点から見えるよ。
は「勝つ為」「楽しむ為」に来るけど、は「勝たせる為」「楽しませる為」に待っている。
勝てば来る。楽しければ来る → 来たら(テラ銭ではなく)遊戯料金が頂ける。
目先の利益の追求はしないので(風適法上限額以内の)他店の半分以下だけど
細〜く、永ぁ〜〜〜く。

「鳴き無しやないとせん!」

最近、早朝からくから来るようになったオカァ。
「オッチャンは空中作戦ばかりされるからイヤや!鳴き無しでないとせん!」と。
ポンポンで嫌われるオカモトの強制にエエかと思って、
「よっしゃ、どれなら役満でも鳴けないというルールでやろうか?」と言ったら「それがエエ」と。

で、俺が發を切ったら「ポン!」と言うので「オイオイ!鳴き無しやろ?」と言ったら「あ、そうやった」とw

しかし、これでは流局が多くて、半荘40分以上かかるので商売にならん。

明日から、鳴き無しならTopから1500円にしなくては!

さて、どう言うかな?www

「この9pが残せる感性があったらな〜!」

第2打で切った9pを暗刻で被ったヨスオが、「この9pが残せる感性があったらな〜!」と。

当然、残せる9pでは無かったんだろう。
(4面子以上あって、孤立で、チャンタ等を狙う手では無い)

この思考が素晴らしい。
一般人なら「暗刻被りしたけど、これは持ってられる9pではない。しゃ〜ない。クソゲーや!」で終わらせてしまう。

ヨスオは、打ち方にも遊び心がある。
普段は、あがるために必至で打つが、時には待ちを悪くして奇を衒った待ちにして楽しんでいる。
それで上がった時の快感は、えも言われぬものがある。

だから、当然な手順での打牌が暗刻被りするのを「何とか持てなかったのか?」と考えるんだろう。

俺も昔から考えてた。
暗刻が2つあって、他にも3面子あるときに、4〜5順目に当然な手順で切った牌(孤立の北とか1pとか)が暗刻被りをして4暗刻を和がり逃すのに気付いた。
だから4暗刻一本に狙いを定めたときは、順当な手順で切る4〜5順目の牌を残して、両面待ちの面子を落す。(両面を残したら、3暗刻のテンパイになったとき、出たら上がってしまうので)

それと、暗刻牌の隣の牌は絶対に残す。
(1222pの1pとか7778sの8sとかは暗刻になるし、最低でも対子になる)
これは、観戦してて悟った。
雀頭もあって3面子もあるのに2333pの2pを残してペンチャンを嫌う。
雀頭があるのに「最終待ちを142pにしよう!」と考えてるからだろう。
その時に、2pが暗刻になって上がる場面を何回も観た。

それと、中中2244466688s44pの時には、44p以外を外す。
これも暗刻になる。
これを外して混一の4暗刻になることの方が少ない。

ま、順当な切り方で、即ヅモで4暗刻が出来ることもあるが、それは「出来ましたっ!」でしかない。

「作りました!」でなければw




魅羅吾路さんが1年ぶりに復帰!

アカイさんが、魅羅吾路さんの娘さんの店に行ったときに、娘さんから『彼氏が来ているからすぐ来て』と電話があったので、行ってみたらアカイさんだったそうな。

で、アカイさんに誘われて今日、復帰された。

 やっぱり楽しそうに打たれる方だ。
「リー・ヅモ、裏が・・・Yes!Yes!Yes!one two three four five six seven !ウフフフフw」
同卓した、アキノリ君もモリさんも「オメデトウ御座いますw」と点棒を払いながらも楽しそうに笑いが絶えない。

アカイさんを待ってる間に娘さんが、赤井さんの風貌から冗談半分で『取り立て屋さん?』 と返して、大笑いしたそうな。

親子そろって楽しい方達だな〜。

他人に厳しく自分に甘い

先日、N君とオカァが朝一番から打ってた。

 N君がリーチ。
オカァが1wを切った。
その時、N君はツモ牌を触ってしまってたけど「あ、1wロンです」と言ったら、血相を変えて「先ヅモしたから上がれん!見逃しや!」と。
(N君は先ヅモなんかしない子なので)「チョット触ったぐらいならエエがな〜」
「マスターは私には厳しいが人には甘い!これで抜けるから!」
N君が「先ヅモしたから見逃しでいいですよ」

 明くる日、オカァがリーチを掛けてして、モーヤンが流しをしている。
それが気になってタケが切った2pを見逃して、モーヤンが1pを切って流しを完成したところで「その2p当たりや!」と。
俺は、すかさず「次の者が切ってるから見逃し!昨日と同じ!」と。
「これで止める!」

ま〜、他人に厳しく自分に甘い、一番嫌われる性格だ罠。
その1回で人に嫌われることより、目先の自分の損得だけを考えるタイプ。
嫌われて打ってて楽しいんだろうか?


 今日、宮ちゃんとヨスオがリーチ。
オカァは「私もカン8pのテンパイや」と手を公開。
  中中77899p■■■■■■
ヨスオが中をツモ切り。
直後に宮ちゃんが「ツモ!」と言うと同時に「ポン!」と。
「こんな場合どうなんの?」
「ま〜、このタイミングならポンが成立する」
(ブー時代のポン抜きのタイミング。ツモった時は、ツモ牌を高く持ち上げるので、普段より手が高くあがったら「ポン!」と鳴く)

ま〜、あの歳で動体視力は若者並w

先ヅモ補足

色んな難題を出してくるので補足が大変だw

---------------------張り紙---------------------------

◆ 鬼打ちをしている者が先ヅモをした場合は、見せている牌を抜くことは出来ない。

◆ リーチを掛けいても、先ヅモすると、出あがりも、ツモあがりも出来ないので、流局チョンボになる可能性があるので注意!(和了牌が出たり、ツモったりしなければチョンボにはならない)

-----------------------------------------------------

ジェンダー君

 いつも彼女を連れてくセットで来る龍谷大の若者が、慣れていない若者を連れてきた。

観戦してると、ギッチョの子が失敗するのと同じような分け方をする。
(67899sを、6 789 9 と分ける)

「君はギッチョか?」と聞いたら「ギッチョ?」と言うので「左利き?」と聞き直した。

「いえ、右利きです」

友達が「バッターボックスに立ったら左やがな!」。

「それ以外は右やがな」

俺は、「もしかして、右利きと思ってるけど、脳は左利きなのかもしれんから、逆に理牌してみたら?ジェンダーとかって、体は男でも頭は女とかってあるやん」

「じゃ、やってみます」

少し、分け方が良くなった。

「これから君を”ジェンダー君”と呼ぶことにするゎw」と。

人は、『自身がどの利き腕に属するかという感覚、右利きまたは左利きであることの自己の認識』を持っており、これを利き腕同一性という。大多数の人々は、身体的利き腕と脳の同一性を有するが、まれに自身の利き腕の分別を十分に理解しているものの、自身の脳同一性に一致しない人々もいる。そうした著しい利き腕の不連続性(Disorder)を抱える状態を麻雀学的に脳同一性障害という。

「マスター!1万円下さいw」とアキノリ君

DSC_0078「え?1万で止めるのかな?」と思ったら3槓子チートイの店からの祝儀だった。

2順目でこのテンパイ。

6順目にN君から出た。

これで5回目!

通りすがりさんへのコメント

その戦略が間違っていたからツモられて、他者に損害を与えた。
だから、その責任を取る必要があるんです。

>●鳴いて一発を消す

一発の確率なんか低過ぎるのに、余計なことをして積もられた。
それも、ツモ筋には無い4暗刻をツモられた。
こんな傍迷惑なことは無いでしょう?

>●無理鳴きしてでも相手のテンパイまでの好調なツモ筋をずらす

リーチ後の鳴きに対してですよ。
リーチ者以外の、好調な対局者のツモ筋をずらすってことですか?

>●先制リーチに対して、鳴いて廻してあがりを目指す

これは、自分が上がることだけを目的にして鳴いてるんでしょう?
その結果、ツモられて他者に損害を与えた。
上手く行って上がれば、自分だけが得をするだけで他者には何の得も無い。
じゃ、それが下手鳴きでリーチ者にツモられたら責任を取る必要があるのでは?

大三元のパオを考えて下さい。
白發を鳴いてるところに、「中を鳴かれても3門張だから上がればイイ!」と中を切って大三元を確定させてしまう。
で、ツモられたら他者には大迷惑。
だから責任払いになるんです。

貴方の思考なら「中を持ってるかどうかも分からない。中を握って回っている間にツモられるかもしれないから和了に架ける!」でしょう?

>逆に自身がトップか2着目の時、リーチ者にラス目のツモりドボンを取られそうな時は無理鳴きしてでも、自身の責任にして順位を操作するという本来の遊戯性と剥離した戦略が生まれますよね?

リーチ者がバイマンの手でTopから脱落する場合もありますよ。

-------------------------------------------------------------

new!>>「その鳴きさえなければ、その牌でツモりあがられることは無かった」

その部分だけフォーカスすると鳴いた者の責任だが、それに対して責任を取るのは麻雀の戦略性が薄くなりませんか?

●鳴いて一発を消す
●無理鳴きしてでも相手のテンパイまでの好調なツモ筋をずらす
●先制リーチに対して、鳴いて廻してあがりを目指す

この辺りの戦術の選択肢が消えます

逆に自身がトップか2着目の時、リーチ者にラス目のツモりドボンを取られそうな時は無理鳴きしてでも、自身の責任にして順位を操作するという本来の遊戯性と剥離した戦略が生まれますよね?
採用しても麻雀が好きな者からはクレームが出るのでは?(私なら出しますし、改善なければ足が遠のきます)

「鳴きパオ」を作ろうかな?

リーチが掛かった後に鳴いてツモられたら「鳴きパオ」にするべきじゃないかな?

麻雀は、全て己の責任である。

大三元パオの時も「リーチ掛けてたのに3つ目をツモ切って鳴かれたのに責任払いになるの?」などと言う愚か者が居る。
リーチを掛けていなければ、3つ目を鳴かせなくても済んでるのに。
挙句に「大三元やられるで!はよう打ち込んでくれ!」と。
それを聞いたらそのエゴさに腹が立って、Topが変わるのを覚悟でベタ死にしてやる。
ツモられて責任払いにさせて楽しむw
しかし、時にはリーチを掛けたヤツがあがることがある。
この時の悔しさ!
「それなら大三元に打ち込んで、半分の責任払いにさせてやったらよかった!」と悔やまれる。

ション牌を切ってダイミンカンされて嶺上開花されたらパオになる。
(これをパオにしないルールは初心者向けの低レベルの店だ)
「その場面で、そのション牌を切るという暴挙に出たんだから、その責任は取らなければならない」から。

それから考えると、リーチが掛かっているのに鳴いたためにツモられた。
これは、鳴いた者の責任払いにしなければならない。
「その鳴きさえなければ、その牌でツモりあがられることは無かった」から。
もう1人に迷惑をかけたんだから。

「鳴きパオ」を作るとするかな?

俺も足が痛くて歩くのも困難になった!

DSC_0077滝井の関西医大に見舞いに行ったら「スイカとウインナーが食いたい」と言うので、スイカを売ってそうな店を探しにウロウロ。

滝井なんて果物やなんか無い。

以前から、足の第2関節と第3間接が痛かったので「逆療法をしてやれ!」と思って、無理に間接に負担が掛かるように歩いた。

帰って一晩寝たら腫れ上がって痛くて歩けなくなった!
踵で歩いて何とか店に出た。

松波整形に行ってレントゲンを撮ったけど、骨に異常無し。
「通風かもしれないから、とりあえず痛み止めの薬を出しておきます」と。

2日目も踵で歩いて店に出て、按摩器で寝ていたら痛みが多少引いた。

帰って寝たら、又、痛くなった。

どうなるんだろう・・・・
訪問者数

Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ