俺が子供の頃は、TVなんか無くラジオ放送を流していた。
夜には落語や漫才、浪曲だった。
薄暗い裸電球だけの暗い部屋で浪花節が流れている。

♪旅〜ゆけば〜、駿河の国に〜〜〜〜茶の香〜〜〜〜〜り

♪妻は夫をいたわりつ〜、夫は〜妻を〜〜〜慕いつつ、頃は六月なかのころ〜、夏とはいえど〜片田〜〜〜〜舎

退屈で早く寝てたな〜・・・


「石松三十石船道中」 広沢虎造


浪花亭綾太郎 壷坂霊験記


国定忠治 名月赤城山(1/5)広沢虎造


三遊亭歌奴 授業中


宮川左近ショー 柔道


浪曲子守唄(一節太郎)