見たらポンのNさん。
来る度に大負けする。

「ポン!」

下家が「リーチ!」

放銃。
「369sが何で負けるのよ〜!」

アンタが鳴いたから下家がテンパイしたの!
鳴かなければテンパイしてないの!
鳴くからテンパイさせて、その放銃牌を引っ張ってきたの!

この図式が解からないんだから、何ぼ言うてもダメ。

「伏せてたら鳴きたくなるんだから、一日中、鬼打ちをしてみなはれ!絶対にそれだけ負けることは無い!」

「じゃ、開けて打つゎ」

これもダメ!

牌を隠すことを目的で打つんだから、ペンチャンとか必ず捨ててしまう。
で、他者に上がられて、また、伏せて打つ。

出たらポン!

他者がリーチ。

突っ込んで放銃。

自分が門前のときは、他者がリーチを掛けたら死にまくるのに、鳴いているときは突っ込んで放銃する。

たまには糞鳴きで混一とか上がり切るけど、その1局だけ。

週に1回しか来ないから、来たら和了に向かうことしか考えない。
頭の中は「鳴けば1手進む」しか考えない。
ただテンパイの形だけで考えるから、「鳴いたから他者がテンパイした。鳴いたのが間違いだった!」という思考は出来ない。
思うのは「ツイてない!」だけ。
「上がれなくて当然。上がったらツイてた!」と考えたら?